Skip to main content

[LG3D-翻訳]翻訳作業関連の課題

27 replies [Last post]
Anonymous

Reply viewing options

Select your preferred way to display the comments and click "Save settings" to activate your changes.
Yuichi SAKURABA

こんにちは、櫻庭です。

index.html の校正に関してです。

■ 第 1 段落
It will support running unmodified ...

原文では主語が It ですが、「Project Looking Glass は...」と
主語を補ったほうがいいのではないでしょうか。

■ 第 3 段落
We believe it is a good choice...

訳では「その選択は正しかったと信じています」と過去形になって
いますが、原文どおり現在形で「その選択は正しいと信じてます」
の方がいいと思います。

■ Supported Key Features の箇条書きの中の
Client-server scenegraph platform

scenegraph は「シーングラフ」と記述されることが多いと思います。
3D CG では一般的なことばですよね。

■ Supported Key Features の箇条書きの中の
Serverside behavior execution

訳の中の Behavior 実行というのはたぶん通じないと...
意味するところはサーバサイドでの GUI を持たないアプリケーショ
ンの実行ということではないでしょうか。

■ Supported Key Features の箇条書きの中の
Support for generic event system

generic が「包括的」と訳されていますが、「汎用的なイベントシ
ステム」ぐらいのほうがいいのではないでしょうか。

■ Supported Key Features の箇条書きの中の
Support for utilities for animated user feedback

ここでいっている feedback というのは、たとえば LG3D でマウス
を動かすとそれに応じて背景がゆらゆらするとか、ウィンドウのフ
ォーカスを変更したときに透明になるとか、そういう反応のことを
いっているのだと思います。

# Feedback joystick の Feedback みたいなもの?

â–  Phased Approach Phase 0
Build the proof-of-concept demo to demonstrate our vision...

訳では vision がヴィジョンになっていますが、一般的にはビジョ
ンではないでしょうか。

â–  Phased Approach Phase 1
The initial API is considered as a starting point and is
meant to evolve significantly based on your input

based on は「元に」よりも「基に」の方がいいと思います。

---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: translation_ja-unsubscribe@lg3d.dev.java.net
For additional commands, e-mail: translation_ja-help@lg3d.dev.java.net

Yuka Kamiya

櫻庭さん
コメントどうもありがとうございます!! 嬉しいです。

他のメンバーで、目を通してくださった方がおられましたら、
もちろんコメント歓迎です。

Yuichi SAKURABA wrote:
> ■ 第 1 段落
> It will support running unmodified ...
>
> 原文では主語が It ですが、「Project Looking Glass は...」と
> 主語を補ったほうがいいのではないでしょうか。

そうすると直前の文と全く同じ書き出しになるので、私としては
くどいと感じます。それが嫌だったので端折ったんですが...。
(こういう時に、多数決が取れると楽です。:-) さて、他の皆様、
どうお考えでしょうか?)

> ■ 第 3 段落
> We believe it is a good choice...
>
> 訳では「その選択は正しかったと信じています」と過去形になって
> いますが、原文どおり現在形で「その選択は正しいと信じてます」
> の方がいいと思います。

「選択」は過去のある一時点での行為、「信じている」のは現在
まで続く行為と考えて、「選択」を過去形にしましたが、櫻庭さ
ん案を採用します。

> ■ Supported Key Features の箇条書きの中の
> Client-server scenegraph platform
>
> scenegraph は「シーングラフ」と記述されることが多いと思います。
> 3D CG では一般的なことばですよね。

「クライアントサーバ型シーングラフプラットフォーム」でどう
でしょうか。
「シーングラフ プラットフォーム」の方がいいかな。

> ■ Supported Key Features の箇条書きの中の
> Serverside behavior execution
>
> 訳の中の Behavior 実行というのはたぶん通じないと...
> 意味するところはサーバサイドでの GUI を持たないアプリケーショ
> ンの実行ということではないでしょうか。

この手の表現、ネット上では時々見かけるんですけどね。
「サーバ側でのGUIを持たないアプリケーションの実行」では
どうでしょうか。

> ■ Supported Key Features の箇条書きの中の
> Support for generic event system
>
> generic が「包括的」と訳されていますが、「汎用的なイベントシ
> ステム」ぐらいのほうがいいのではないでしょうか。

この訳は、(Sunのでない)訳語集の中で見つけたものなので
すが、「汎用的なイベントシステム」に直します。
(私には、どちらが自然なのか分かりません。)

> ■ Supported Key Features の箇条書きの中の
> Support for utilities for animated user feedback
>
> ここでいっている feedback というのは、たとえば LG3D でマウス
> を動かすとそれに応じて背景がゆらゆらするとか、ウィンドウのフ
> ォーカスを変更したときに透明になるとか、そういう反応のことを
> いっているのだと思います。
>
> # Feedback joystick の Feedback みたいなもの?

うーむ、これは完全に私の誤訳ですね。(^^; すみません。

初稿:「アニメ化されたユーザフィードバックユーティリティのサポート」

「アニメ化された」というと、なんか、
  「週刊○○に連載中の△△、アニメ化決定」
みたいなものを連想しちゃうので、何か別のがいいな・・・

「アニメーションユーザフィードバックユーティリティのサポート」
24文字カタカナが続くってのは、いまいち? (^^;

「アニメーションユーザフィードバック用ユーティリティのサポート」?

ご意見お待ちしています・・・。

> â–  Phased Approach Phase 0
> Build the proof-of-concept demo to demonstrate our vision...
>
> 訳では vision がヴィジョンになっていますが、一般的にはビジョ
> ンではないでしょうか。

「ビジョン」に修正します。

> â–  Phased Approach Phase 1
> The initial API is considered as a starting point and is
> meant to evolve significantly based on your input
>
> based on は「元に」よりも「基に」の方がいいと思います。

これはもう明らかに(変換)ミスですね。
「基に」に直します。

Again, thank you so much!!!!!
--
kyuka

---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: translation_ja-unsubscribe@lg3d.dev.java.net
For additional commands, e-mail: translation_ja-help@lg3d.dev.java.net

Yuichi SAKURABA

こんにちは、櫻庭です。

On Thu, 26 Aug 2004 18:19:00 +0900
Yuka Kamiya wrote:
> Yuichi SAKURABA wrote:
> > ■ 第 1 段落
> > It will support running unmodified ...
> >
> > 原文では主語が It ですが、「Project Looking Glass は...」と
> > 主語を補ったほうがいいのではないでしょうか。
>
> そうすると直前の文と全く同じ書き出しになるので、私としては
> くどいと感じます。それが嫌だったので端折ったんですが...。
> (こういう時に、多数決が取れると楽です。:-) さて、他の皆様、
> どうお考えでしょうか?)

確かにくどいかもしれません。「このプロジェクトは...」ぐらいの
方がいいかもしれませんね。

> > ■ Supported Key Features の箇条書きの中の
> > Client-server scenegraph platform
> >
> > scenegraph は「シーングラフ」と記述されることが多いと思います。
> > 3D CG では一般的なことばですよね。
>
> 「クライアントサーバ型シーングラフプラットフォーム」でどう
> でしょうか。
> 「シーングラフ プラットフォーム」の方がいいかな。

ちょっと論点は異なるのですが、カタカナ語が繋がるときには
スペースを入れるのでしょうか、「・」を入れるのでしょうか、そ
れともそのままくっつけてしまう?

というのも、シーングラフプラットフォームと書くとちょっと読み
にくいなと感じたのです。

それはともかく、原文に忠実に「クライアントサーバ型シーングラフ
プラットフォーム」でいいのではないでしょうか。

> > ■ Supported Key Features の箇条書きの中の
> > Serverside behavior execution
> >
> > 訳の中の Behavior 実行というのはたぶん通じないと...
> > 意味するところはサーバサイドでの GUI を持たないアプリケーショ
> > ンの実行ということではないでしょうか。
>
> この手の表現、ネット上では時々見かけるんですけどね。
> 「サーバ側でのGUIを持たないアプリケーションの実行」では
> どうでしょうか。

これでいいと思います。

> > ■ Supported Key Features の箇条書きの中の
> > Support for generic event system
> >
> > generic が「包括的」と訳されていますが、「汎用的なイベントシ
> > ステム」ぐらいのほうがいいのではないでしょうか。
>
> この訳は、(Sunのでない)訳語集の中で見つけたものなので
> すが、「汎用的なイベントシステム」に直します。
> (私には、どちらが自然なのか分かりません。)

私も他の人の意見を聞きたいところです。

> > ■ Supported Key Features の箇条書きの中の
> > Support for utilities for animated user feedback
> >
> > ここでいっている feedback というのは、たとえば LG3D でマウス
> > を動かすとそれに応じて背景がゆらゆらするとか、ウィンドウのフ
> > ォーカスを変更したときに透明になるとか、そういう反応のことを
> > いっているのだと思います。
> >
> > # Feedback joystick の Feedback みたいなもの?
>
> うーむ、これは完全に私の誤訳ですね。(^^; すみません。
>
> 初稿:「アニメ化されたユーザフィードバックユーティリティのサポート」
>
> 「アニメ化された」というと、なんか、
>   「週刊○○に連載中の△△、アニメ化決定」
> みたいなものを連想しちゃうので、何か別のがいいな・・・
>
> 「アニメーションユーザフィードバックユーティリティのサポート」
> 24文字カタカナが続くってのは、いまいち? (^^;
>
> 「アニメーションユーザフィードバック用ユーティリティのサポート」?

「ユーザフィードバック機能のためのユーティリティのサポート」
ちょっと「の」が多くていやですね。「ユーザフィードバック機能
のためのユーティリティをサポート」ではどうでしょうか。
~~
# Animation にはあまりこだわらなくていいような気がします。

--
櫻庭 祐一

---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: translation_ja-unsubscribe@lg3d.dev.java.net
For additional commands, e-mail: translation_ja-help@lg3d.dev.java.net

Yuka Kamiya

こんにちは、kyuka です。

※ 以下の文章中で、特に記述のない場合、「スタイルガイド」
  とは、Sunが提供予定の「日本語マニュアルの製作」を指し
  ます。

今ちょうどスタイルガイドと対訳集のことで、社内の人にメー
ルを書いていたところです。
今夕ようやくドラフトをもらえました。この時点でまだ両方と
もドラフトなので、社外への提供は来週以降になるはずです。
どうもすみません。

Yuichi SAKURABA wrote:
> ちょっと論点は異なるのですが、カタカナ語が繋がるときには
> スペースを入れるのでしょうか、「・」を入れるのでしょうか、そ
> れともそのままくっつけてしまう?

JDCの翻訳は独自路線なので「・」を多用していることがありま
すが、java.sun.comやjava.netの和訳ではまず見かけないし、
スタイルガイドにも使うなと書かれているので、「・」は使わ
ないことにしましょうか。

> というのも、シーングラフプラットフォームと書くとちょっと読み
> にくいなと感じたのです。
>
> それはともかく、原文に忠実に「クライアントサーバ型シーングラフ
> プラットフォーム」でいいのではないでしょうか。

スタイルガイド曰く:
  カタカナを並べる場合には、用語集などで特に指定しない
  かぎり、中黒「・」は使用しません。カタカナ語が長くな
  り過ぎて意味がわかりにくくなる場合は、「の」で区切る
  などの工夫をしてください。
だそうです。
しかし、java.netの和訳は、java.sun.comやスタイルガイドと
は違うスタイルを採用していることがあるように思います。
たとえば、英単語の区切りに半角スペースを使っていることが
あるんですが(例:サイト ナビゲーション)、こういうのって
java.sun.comでは見かけないですよね?! スタイルガイドにも
載っていないようです。

LG3Dの和訳はjava.net上に置かれる訳ですし、櫻庭さんが「シー
ングラフプラットフォームと書くとちょっと読みにくいな」と
お感じになるのであれば(I agree with you!)、スペースを入
れてもいいような気がします。
スペース、入れましょうか? :-) 入れることに決めれば、
LG3Dのスタイルガイドに取り込みます。

>> > ■ Supported Key Features の箇条書きの中の
>> > Support for utilities for animated user feedback
> 「ユーザフィードバック機能のためのユーティリティのサポート」
> ちょっと「の」が多くていやですね。「ユーザフィードバック機能
> のためのユーティリティをサポート」ではどうでしょうか。
> ~~
> # Animation にはあまりこだわらなくていいような気がします。

採用させていただきます。ありがとうございました!!

スタイルガイドが公開され、皆様が目を通されたら(実は私も
まだほとんど読んでいないんですが)、またいろいろ修正箇所、
質問、コメントが出てくるかもしれませんね。

Thanks,
--
kyuka

---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: translation_ja-unsubscribe@lg3d.dev.java.net
For additional commands, e-mail: translation_ja-help@lg3d.dev.java.net

Yuichi SAKURABA

こんにちは、櫻庭です。

On Fri, 27 Aug 2004 19:35:58 +0900
Yuka Kamiya wrote:
> LG3Dの和訳はjava.net上に置かれる訳ですし、櫻庭さんが「シー
> ングラフプラットフォームと書くとちょっと読みにくいな」と
> お感じになるのであれば(I agree with you!)、スペースを入
> れてもいいような気がします。
> スペース、入れましょうか? :-) 入れることに決めれば、
> LG3Dのスタイルガイドに取り込みます。

そうしましょう。

1. カタカナ語の区切りに「・」は使わない
2. カタカナ語が連続して読みにくいときには、スペースを入れる

というところでしょうか。

話は変わりますが、SoftwareDesign の 10 月号でひでやさんが執
筆された LG3D の紹介記事が掲載される予定です。

あまり大っぴらにはできないのですが、ゲラを見せていただきました。
その中で index.html に関連する部分として以下のような部分があ
りました。(ハツバイマエナノニ、コンナコトヲカイテイイノダロウカ?)

・Client-server scenegraph
-> クライアント/サーバシーングラフ
・Serverside behavior execution
-> サーバ側での Behavior の実行
・generic event system
-> 汎用イベントシステム
・animated user feedback
-> アニメーションを活用したユーザフィードバック

私も勘違いしていたのですが、Behavior というのは Java3D の
Behavior のことでした。回転や移動など、シーングラフを操作す
ることです。Serverside behavior execution というのは、サーバ
側でシーングラフを操作する (Behavior を実行する) ことのよう
です。

こういう説明があれば分かるのですが、単に「サーバ側での Behavior
の実行」といわれても....

--
櫻庭 祐一

---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: translation_ja-unsubscribe@lg3d.dev.java.net
For additional commands, e-mail: translation_ja-help@lg3d.dev.java.net

Kazuhiro Kazama

From: Yuka Kamiya
Subject: [LG3D-翻訳] lg3d-core/index.html 第2稿 レビュー依頼
Date: Sat, 21 Aug 2004 19:34:33 +0900
Message-ID: <41272539.6080902@sun.com>
> lg3d-core/index.htmlの初稿に対して修正を加えた第2稿を作成しました。
> お忙しいところすみませんが、どなたかレビューしていただければと思います。
> 手厳しいコメントこそ歓迎です。

違う話ですが,できれば,ファイルはCVSに置いてしまいたいところですね.

レビュー中の原稿を見られることに抵抗があるのなら,少し工夫をしたいとこ
ろですけど,誰かいいアイデアあります?

作業用領域をこっそり作ってしまうのは駄目かな?

> ほとんどのパートが3部構成になっており、
>   赤字:原文(英語)
>   青字:初稿(タケモトさん作成)
>   黒字:第2稿(神谷作成)
> となっています。

あと,この辺の対訳形式はどうしましょう?

# できれば,人手でやりたくはないですよね….

風間 一洋 (kazama@ingrid.org) NTT Network Innovation Laboratories

---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: translation_ja-unsubscribe@lg3d.dev.java.net
For additional commands, e-mail: translation_ja-help@lg3d.dev.java.net

Yuka Kamiya

kyuka です。

レスポンスが悪くて、どうもすみません。

Kazuhiro Kazama wrote:
> From: Yuka Kamiya
>>lg3d-core/index.htmlの初稿に対して修正を加えた第2稿を作成しました。
>>お忙しいところすみませんが、どなたかレビューしていただければと思います。
>>手厳しいコメントこそ歓迎です。
>
> 違う話ですが,できれば,ファイルはCVSに置いてしまいたいところですね.
> レビュー中の原稿を見られることに抵抗があるのなら,少し工夫をしたいとこ
> ろですけど,誰かいいアイデアあります?
> 作業用領域をこっそり作ってしまうのは駄目かな?

私は、自分がレビューに出した叩き台を不特定多数の人に見られることに
対して、全然抵抗はありません。:-) もちろん、ただ見られるだけでなく
フィードバックが欲しいとは思いますけど。
他の皆様はいかがでしょうか?

 >>ほとんどのパートが3部構成になっており、
 >>  赤字:原文(英語)
 >>  青字:初稿(タケモトさん作成)
 >>  黒字:第2稿(神谷作成)
 >>となっています。
 > あと,この辺の対訳形式はどうしましょう?
 > # できれば,人手でやりたくはないですよね….

皆様、これについてはいかがでしょうか?

手作業で対訳にするのは面倒くさい、レビュアには元の英語版と和訳叩き
台、2つのファイルを自分でなんとか比較してほしい、ということであれ
ば、それでも構いません。
#(最終的な品質を除けば)基本的にかなり無頓着な私。

ご意見お待ちしています。
--
kyuka

---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: translation_ja-unsubscribe@lg3d.dev.java.net
For additional commands, e-mail: translation_ja-help@lg3d.dev.java.net

Kazuhiro Kazama

From: translation_ja@javadesktop.org
Subject: Re: [LG3D-翻訳]翻訳作業関連の課題
Date: Fri, 20 Aug 2004 11:47:39 EDT
Message-ID: <26991541.1093016859807.JavaMail.root@ensim.rackshack.net>
> すみません、初稿作成者からコメント、または修正版の送付など
> があるかと思って待っていたのですが、何もないようですね。

月末にかけてレスポンスできないと書いていたと思います.海外出張か夏休み
でしょう.

> 風間さん・・・もし可能でしたら、FAQの翻訳か、重要度Bの
> 翻訳に着手していただけませんか?

了解です.FAQをやりましょう.

# 私も,後ろからUnicode Standardの翻訳も追い掛けてきてます(苦笑)

風間 一洋 (kazama@ingrid.org) NTT Network Innovation Laboratories

---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: translation_ja-unsubscribe@lg3d.dev.java.net
For additional commands, e-mail: translation_ja-help@lg3d.dev.java.net

Yuichi SAKURABA

櫻庭です。

On Tue, 24 Aug 2004 12:19:34 +0900 (JST)
Kazuhiro Kazama wrote:
> From: translation_ja@javadesktop.org
> Subject: Re: [LG3D-翻訳]翻訳作業関連の課題
> Date: Fri, 20 Aug 2004 11:47:39 EDT
> Message-ID: <26991541.1093016859807.JavaMail.root@ensim.rackshack.net>
> > すみません、初稿作成者からコメント、または修正版の送付など
> > があるかと思って待っていたのですが、何もないようですね。
>
> 月末にかけてレスポンスできないと書いていたと思います.海外出張か夏休み
> でしょう.

タケモトさんから私信メールをいただきまして、研修で缶詰 &
海外出張が重なってしまったらしいです。多分、もうすぐ帰国され
るはずなので何らかのレスポンスはいただけると思います。

ですよね > タケモトさん

# PLG Workshop の件もメールしておきました > 神谷さん

--
櫻庭 祐一

---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: translation_ja-unsubscribe@lg3d.dev.java.net
For additional commands, e-mail: translation_ja-help@lg3d.dev.java.net

Yuka Kamiya

kyuka です。

Yuichi SAKURABA wrote:
>>>すみません、初稿作成者からコメント、または修正版の送付など
>>>があるかと思って待っていたのですが、何もないようですね。
>>月末にかけてレスポンスできないと書いていたと思います.海外出張か夏休み
>>でしょう.
> タケモトさんから私信メールをいただきまして、研修で缶詰 &
> 海外出張が重なってしまったらしいです。多分、もうすぐ帰国され
> るはずなので何らかのレスポンスはいただけると思います。
> ですよね > タケモトさん

それはよかったです。
タケモトさん、お待ちしてます。:-)

> # PLG Workshop の件もメールしておきました > 神谷さん

どうもありがとうございます!
タケモトさん、もしご都合がよろしければ是非ご出席ください。

では。
--
kyuka

---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: translation_ja-unsubscribe@lg3d.dev.java.net
For additional commands, e-mail: translation_ja-help@lg3d.dev.java.net

Yuka Kamiya

kyuka です。

風間さん・・・いろいろ勝手ばかり言ってすみませんが、こちらの
件いかがでしょうか?

FAQを風間さんにやっていただけるのであれば、私は重要度Bの
dri-driver-install-ati-radeon.html
を受け持ちたいと考えています。
もちろん、FAQ以外でも、何か風間さんがお好きなものを翻訳して
くださるのであればそれに越したことはありません!

私の方は、大変時間をかけつつ、なんとかindex.htmlの(第1回)
レビューを終えたので、他の方の翻訳のレビュアをするか今度こそ
FAQの翻訳に着手することも可能です。
ただ・・・java.netのFAQや、他のjavadesktop.orgの記事の翻訳を
する話もあって(仕事外)、そちらの方の用事で多少忙しく、LG3D
の翻訳に専念できないという悲しい事情があったります。(T_T)
レスポンスが悪くてどうもすみません。

検討お願いします。
--
kyuka

translation_ja@javadesktop.org wrote:

> kyuka です。
>
> | みなさんお忙しいようなので,武本さんの訳したindex.html
> | のタグ修正と校正(校正体制はどうします? > 神谷さん)は私
> | が引き受けます.
>
> すみません、初稿作成者からコメント、または修正版の送付など
> があるかと思って待っていたのですが、何もないようですね。
> タグ修正前のindex.htmlの和訳については、今レビューをやって
> いるところです。(前半修了)明日にはお送りできると思います。
>
> 風間さん・・・もし可能でしたら、FAQの翻訳か、重要度Bの
> 翻訳に着手していただけませんか?
> FAQは私の担当ですが、本業とindex.htmlのレビュー、それと
> 翻訳関係での社内の用事に追われて全然進んでいません。
> すみませんが、検討お願いいたします。
> --
> kyuka
> ---
> [Message sent by forum member 'kyuka' (Yuka Kamiya)]
>
> http://www.javadesktop.org/forums/thread.jspa?messageID=23948&#23948

---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: translation_ja-unsubscribe@lg3d.dev.java.net
For additional commands, e-mail: translation_ja-help@lg3d.dev.java.net

hideya
Offline
Joined: 2003-07-22
Points: 0

Hideya desu.

> 英語のオリジナルにも署名がないので、日本語版だけに入れる
> というのも変な気がします。

Gojiyuuni irete itadaite OK desu.
Eigo ban demo, irete oita hou ga yokattano kamo...

> ひでやさんの案では,jaディレクトリを作成し,そこに翻訳文を置くという話
> でしたが,

Kore, akumademo shirouto no Idea desunode, amari toraware naide kudasai-ne.

Douzo yoroshiku onegai itashimasu.

sakuraba
Offline
Joined: 2003-06-17
Points: 0

櫻庭です。

> とりあえず,ローカルファイルシステムでも,同じように見えるようにスタイ
> ルシートを定義できませんか? tigris.cssとinst.cssには,本文で使わないも
> のがたくさん含まれているので,使うものだけ抜き出してpreview.cssにして
> おくとか.

了解です。次の週末までには作成したいと思います。

> それと,翻訳に貢献してくれた人のクレジットをどのように残しましょうか?
> CVSのメッセージに入れるのは当然として,他にどうします?

英語のオリジナルにも署名がないので、日本語版だけに入れる
というのも変な気がします。

そこらへんはひでやさんと相談するほうがいいのではないで
しょうか。

> ひでやさんの案では,jaディレクトリを作成し,そこに翻訳文を置くという話
> でしたが,未翻訳ドキュメントがある時に,
>
> ・リンクを原文を参照するように書き換える…未翻訳ドキュメントが翻訳され
> た時にリンクを書き換えなければならない.リンクの検証を含めると,ちょっ
> と面倒.
>
> ・同一ディレクトリに原文をコピーして置く…原文が更新されても追従できない.
>
> という問題があります.
>
> language negotiationを使って同一ディレクトリに置けば,未翻訳ドキュメン
> トがあればフォールバックするので,勝手に原文を拾ってくれるし,jaディレ
> クトリを作っても,シンボリックリンクしておけばいい(翻訳したら上書きす
> ればいいだけ)んですが,今回はそのような技は使えないですね.

悩ましい問題ですね。
いろいろと面倒くさそうですが、ja ディレクトリにおくしか
ないのでしょうか。

他に検討できる手法があればいいとは思うのですが...

Yuichi SAKURABA

こんにちは、櫻庭です。

On Sat, 21 Aug 2004 17:15:54 EDT
translation_ja@javadesktop.org wrote:
>> とりあえず,ローカルファイルシステムでも,同じように見えるようにスタイ
>> ルシートを定義できませんか? tigris.cssとinst.cssには,本文で使わないも
>> のがたくさん含まれているので,使うものだけ抜き出してpreview.cssにして
>> おくとか.
>
> 了解です。次の週末までには作成したいと思います。

とりあえず作ったので添付します。

使い方は の中で

を入れるだけです。また、校正用として

This is test.

というようにすると en の方は赤文字、jp は黒で表示されるよう
にしました。

以外に

ã‚„
      などで使用できま
      す。

      On Tue, 24 Aug 2004 12:24:35 +0900 (JST)
      Kazuhiro Kazama wrote:
      > > ほとんどのパートが3部構成になっており、
      > >   赤字:原文(英語)
      > >   青字:初稿(タケモトさん作成)
      > >   黒字:第2稿(神谷作成)
      > > となっています。
      >
      > あと,この辺の対訳形式はどうしましょう?
      >
      > # できれば,人手でやりたくはないですよね….

      XSLT や DOM 使ってできないかなと作りかけたのですが、XHTML は
      ドキュメントの構造とレイアウトがごっちゃになってしまうので断
      念してしまいました。

      たとえば、

もレイアウト的に使用されるものと、本当に表
として使用されるのの区別がつかないなどの問題です。

レイアウトに使われているのであれば

の中の

ã‚’

と

逆に

だけにするのは単純
なのですぐにできそうです。

--
櫻庭 祐一
[preview.css]
---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: translation_ja-unsubscribe@lg3d.dev.java.net
For additional commands, e-mail: translation_ja-help@lg3d.dev.java.net

Kazuhiro Kazama

From: Yuichi SAKURABA
Subject: [LG3D-翻訳] Re: [LG3D-翻訳] Re:
Date: Thu, 26 Aug 2004 18:02:33 +0900
Message-ID: <20040826173200.93EE.YUUICHI.SAKURABA@jp.yokogawa.com>
> > 了解です。次の週末までには作成したいと思います。
>
> とりあえず作ったので添付します。

早速指定しています.すばらしい!

それで,これはwwwの下にcssというディレクトリに作ってそこに置いて,原文
も和訳のどちらでも参照するというのはどうでしょうか?

# その時の和訳におけるファイル指定が"../css/preview.css"になることに
# 何か問題はありますかね?

> XSLT や DOM 使ってできないかなと作りかけたのですが、XHTML は
> ドキュメントの構造とレイアウトがごっちゃになってしまうので断
> 念してしまいました。

全然方向性がかわりますが,原文と和訳を並べて2ページ表示するような方法
はどうでしょう?

たとえば,java.netのCVSの差分表示のようなものを想定しています.あれは
結構強力だと思う.

# 昔フレームで並べて校正したことはありますが,これはスクロールが同期
# しないので却下かな.

風間 一洋 (kazama@ingrid.org) NTT Network Innovation Laboratories

---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: translation_ja-unsubscribe@lg3d.dev.java.net
For additional commands, e-mail: translation_ja-help@lg3d.dev.java.net

kyuka
Offline
Joined: 2004-02-12
Points: 0

kyuka です。

| みなさんお忙しいようなので,武本さんの訳したindex.htmlのタグ修正と校正
| (校正体制はどうします? > 神谷さん)は私が引き受けます.

校正体制・・・個人的には各ファイルに対して2名のレビュア
をつけたいですが、そこまできっちりやるのは無理でしょうか。

1名でなく2名置きたいのは、その方がきっちりやれるという
こともありますが、多少好みが関係してくるような問題で、翻
訳者+レビュア2名で計3名居ると、多数決を取りやすいから
です。:-)

さて、どうやってレビュアを決めるか。
誰かが翻訳を終わり、MLにレビューを依頼する旨を記述して翻
訳済みファイルを流した時に、手が空いていて自分がレビュー
できそうだと思った人がレビュアとして名乗り出る、先着2名
様がレビュアになる、なんていう感じではいい加減すぎますか
しらん?!

実はこの方法、うちのチームでレビュアを募集する時に時たま
使います。(^^; 大抵の分野は「この人でないと駄目」っての
がありますが、API Docのtypo直しなんて、誰でもレビューで
きちゃいますから。

では。
--
kyuka

sakuraba
Offline
Joined: 2003-06-17
Points: 0

櫻庭です。

> 校正体制・・・個人的には各ファイルに対して2名のレビュア
> をつけたいですが、そこまできっちりやるのは無理でしょうか。

できればそうしたいですね。
ただ、今の人数だとちょっとつらいのも事実だと思います。

> さて、どうやってレビュアを決めるか。
> 誰かが翻訳を終わり、MLにレビューを依頼する旨を記述して翻
> 訳済みファイルを流した時に、手が空いていて自分がレビュー
> できそうだと思った人がレビュアとして名乗り出る、先着2名
> 様がレビュアになる、なんていう感じではいい加減すぎますか
> しらん?!

それでいいと思います。強制的に決めるものではないし、
自分の興味のあるものに対してレビューすればいいのでは
ないでしょうか。

問題はレビューアが名乗り出なかったときですね。
そのときはどうしましょうか?

sakuraba
Offline
Joined: 2003-06-17
Points: 0

櫻庭です。

> # 若干,原文に変なタグが残っている気がするので,暇なときにチェックし
> # て除いておきます.

これについては私も気がついたところがあるので、別メールにて。

> ・CVSの文字符号化

ファイル記述 : UTF-8
CVS commit メッセージ : 英語のみ

ということでいきましょう。

> ・改行コード
>
> これは,LFにしておけば,Unix上のツールはそのままLF,WinCVSでは,
> LF<->CR+LF変換をしてくれるのではないかと予想していますが,Windowsのエ
> キスパートの方の意見はどうでしょうか?

私は Eclipse で CVS にアクセスしているのですが、LF <-> CR+LF 変換してく
れます。ただ、私自身はこの変換が嫌いなので、Windows 上でも LF で作業して
います。

> ところで,interest_jaの方の話題ですが,
>
> Message-ID:
> <20040816113423.8B32.YUUICHI.SAKURABA@jp.yokogawa.com>
> > javadesktop.org の Discussion Forum から投稿したものも ML に
> > フォワードされるのですが、UTF-8 になってしまっています。
> > もしかすると文字化けしてしまうメーラーもあるかもしれません。
> > ご注意ください。
>
> 個人的には,私はUTF-8メールが来るのは,もうUS-ASCIIメールが来るのと同
> じくらいに考えるようにすべき時期が来たかも…という気もしてきて,先週の
> 頭はUTF-8メールが読めるように,メール環境を作り直しました.

確かに UTF-8 メールを考慮すべき時期に来たのかもしれません。
ただ、今すぐに UTF-8 に移行できるかというとなかなか問題が多いと思います。
そうはいうものの HTML メールよりよっぽど問題はないとは思うのですが。

# 私が使っているメーラは UTF-8 メールは読めるのですが、リプライをすると
# 文字化けしてしまいます。

> ・対訳表示
>
> この辺は,櫻庭さんが詳しそうですが,現状のCollabNetのシステムで,うま
> くやれそうですかね?

だめそうです。
CollabNet のドキュメントに埋め込まれたとときに、埋め込まれた HTML のヘッ
ダは無視されてしまうようです。

また、すでにスタイルシートが指定されてしまっているので、それを他のスタイ
ルシートに変更させてもらうのも難しいと思います。

> ・HEAD部分の活用
>
> ただ,逆に,ここが削除されてしまうことがはっきりしているのなら,こちら
> の好きなように使うという手もありそうです.
>
> たとえば,ここにスタイルシートを指定して,ローカルファイルシステム上の
> デバッグでも,それらしいフォーマットで表示できるようにするとか….
>
> あと,翻訳者名とか,ファイルに残したいけど,出力には入れないような,勝
> 手なメタ情報を埋め込むのもありかもしれません(笑).

これはおもしろいですね。
もし、こういうスタイルでフォーマットしたいという希望があればスタイルシー
トを作ってみますので、皆さんおっしゃってください。

Kazuhiro Kazama

みなさんお忙しいようなので,武本さんの訳したindex.htmlのタグ修正と校正
(校正体制はどうします? > 神谷さん)は私が引き受けます.

# たぶん,もうすぐすると,またロードアベレージが100%になってできなく
# なると思うので,今のうちに….

From: translation_ja@javadesktop.org
Subject: Re: [LG3D-翻訳]翻訳作業関連の課題
Date: Tue, 17 Aug 2004 22:10:43 EDT
Message-ID: <9948016.1092795043554.JavaMail.root@ensim.rackshack.net>
> > たとえば,ここにスタイルシートを指定して,ローカルファイルシステム上の
> > デバッグでも,それらしいフォーマットで表示できるようにするとか….
> >
> > あと,翻訳者名とか,ファイルに残したいけど,出力には入れないような,勝
> > 手なメタ情報を埋め込むのもありかもしれません(笑).
>
> これはおもしろいですね。
> もし、こういうスタイルでフォーマットしたいという希望があればスタイルシー
> トを作ってみますので、皆さんおっしゃってください。

とりあえず,ローカルファイルシステムでも,同じように見えるようにスタイ
ルシートを定義できませんか? tigris.cssとinst.cssには,本文で使わないも
のがたくさん含まれているので,使うものだけ抜き出してpreview.cssにして
おくとか.

たとえば,櫻庭さんが指摘した,

やらが入り乱れているのは,
java.netで見ると,一目瞭然なんです…というのは,独自のスタイルシートで

ã‚„

は色を反転(それぞれ違う色で)しているから.

# 今はもう直してあります.

逆に,人手で直接書いている人は,それを意識していないようです.それで,
どうせスタイルシートを強制されるのなら,それを生かしてしまうのがよいか
と.

それと,翻訳に貢献してくれた人のクレジットをどのように残しましょうか?
CVSのメッセージに入れるのは当然として,他にどうします?

あと,一つ悩ましい問題に気が付きました.

ひでやさんの案では,jaディレクトリを作成し,そこに翻訳文を置くという話
でしたが,未翻訳ドキュメントがある時に,

・リンクを原文を参照するように書き換える…未翻訳ドキュメントが翻訳され
た時にリンクを書き換えなければならない.リンクの検証を含めると,ちょっ
と面倒.

・同一ディレクトリに原文をコピーして置く…原文が更新されても追従できない.

という問題があります.

language negotiationを使って同一ディレクトリに置けば,未翻訳ドキュメン
トがあればフォールバックするので,勝手に原文を拾ってくれるし,jaディレ
クトリを作っても,シンボリックリンクしておけばいい(翻訳したら上書きす
ればいいだけ)んですが,今回はそのような技は使えないですね.

風間 一洋 (kazama@ingrid.org) NTT Network Innovation Laboratories

---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: translation_ja-unsubscribe@lg3d.dev.java.net
For additional commands, e-mail: translation_ja-help@lg3d.dev.java.net

Yuka Kamiya

kyuka です。

Kazuhiro Kazama wrote:
> みなさんお忙しいようなので,武本さんの訳したindex.htmlのタグ修正と校正
> (校正体制はどうします? > 神谷さん)は私が引き受けます.

index.htmlについては、風間さんのコメントに対して初稿作成者から
何かコメント、または更新版の配布などがあるかと思っていたのです
が、何もないようですね。
連絡が遅くなってすみませんが、タグ修正前のindex.htmlの翻訳につ
いて多少レビューを済ませたところです。明日にはお目にかけられる
と思います。

風間さん・・・実は本業とindex.htmlのレビューに追われて、自分が
担当しているFAQの翻訳があまり進んでいません。それに重要度Bのファ
イルは、翻訳担当者さえ決まっていません。(^^;
だから、もしお時間があるならば、先にそちらに手をつけていただけ
ればありがたいかも・・・です。いかがでしょうか?

校正体制についてですが、皆様は、どの程度のレビューが必要だとお
考えでしょうか?
「皆、英語はできるんだし、ざっと眺めるだけでいいはず。」
「きっちり誤訳チェックまでやるべき。」
それ次第で校正体制はだいぶ違ってくるように思います。

個人的には、日本語として読みやすいかだけでなく、誤訳チェックま
でやりたい気がするのですが。

> それと,翻訳に貢献してくれた人のクレジットをどのように残しましょうか?
> CVSのメッセージに入れるのは当然として,他にどうします?

んーと、私自身は目立つところに名前を出すのは好きではないのです
が、誤訳への責任を明確に負うという意味でもどこかに出すべきなん
でしょうかね。お任せします。
--
kyuka@縁の下 好き

---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: translation_ja-unsubscribe@lg3d.dev.java.net
For additional commands, e-mail: translation_ja-help@lg3d.dev.java.net

kyuka
Offline
Joined: 2004-02-12
Points: 0

kyuka です。

| みなさんお忙しいようなので,武本さんの訳したindex.html
| のタグ修正と校正(校正体制はどうします? > 神谷さん)は私
| が引き受けます.

すみません、初稿作成者からコメント、または修正版の送付など
があるかと思って待っていたのですが、何もないようですね。
タグ修正前のindex.htmlの和訳については、今レビューをやって
いるところです。(前半修了)明日にはお送りできると思います。

風間さん・・・もし可能でしたら、FAQの翻訳か、重要度Bの
翻訳に着手していただけませんか?
FAQは私の担当ですが、本業とindex.htmlのレビュー、それと
翻訳関係での社内の用事に追われて全然進んでいません。
すみませんが、検討お願いいたします。
--
kyuka

Yuka Kamiya

kyuka です。

lg3d-core/index.htmlの初稿に対して修正を加えた第2稿を作成しました。
お忙しいところすみませんが、どなたかレビューしていただければと思います。
手厳しいコメントこそ歓迎です。

ほとんどのパートが3部構成になっており、
  赤字:原文(英語)
  青字:初稿(タケモトさん作成)
  黒字:第2稿(神谷作成)
となっています。
初稿に対して変更を加えていない場所、または初稿で訳されていなかった個所
については、赤字と黒字のみで青字はありません。

この版は、タグ修正前の初稿をベースとしています。今回のレビューではタグ
は無視し、翻訳に関するレビューだけをやっていただければと思います。

ちょっと力尽きてしまったので、訳語集用の用語とアンカータグの抽出は今回は
やっていません。どうもすみません。

よろしくお願いいたします。
--
kyuka

[lg3d-index_ja.html.gz]
---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: translation_ja-unsubscribe@lg3d.dev.java.net
For additional commands, e-mail: translation_ja-help@lg3d.dev.java.net

sakuraba
Offline
Joined: 2003-06-17
Points: 0

櫻庭です。

> kyuka です。
>
> lg3d-core/index.htmlの初稿に対して修正を加えた第2稿を作成しました。
> お忙しいところすみませんが、どなたかレビューしていただければと思います。
> 手厳しいコメントこそ歓迎です。

レビューさせていただきます。

今週前半はちょっと手が空かないので、後半になってしまい
ますがよろしくお願いします。

Yuka Kamiya

櫻庭さん

> 櫻庭です。
>>kyuka です。
>>lg3d-core/index.htmlの初稿に対して修正を加えた第2稿を作成しました。
>>お忙しいところすみませんが、どなたかレビューしていただければと思います。
>>手厳しいコメントこそ歓迎です。
>
> レビューさせていただきます。
> 今週前半はちょっと手が空かないので、後半になってしまい
> ますがよろしくお願いします。

お忙しいところすみませんが、よろしくお願いいたします。

今自分で読んでみると、言い回しなど、若干直したい箇所があったり
します。たとえば、Staying Connected中の最後の行は
「ご登録ください。」→「登録してください。」
翻訳してから少し時間をおいて(おまけに疲れてない時に)読み返し
てみることは大切ですね。

ちなみに・・・用語集とスタイルガイド提供の話、全く進展がありま
せん。:-( どうもすみません。

では。
--
kyuka

---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: translation_ja-unsubscribe@lg3d.dev.java.net
For additional commands, e-mail: translation_ja-help@lg3d.dev.java.net

Kazuhiro Kazama

以前のひでやさんとの議論を引き継いで,もう一度まとめなおしてみます.

・ファイルのフォーマット

今のCollabNetの実装は,HTMLファイルから,ボディ部分(から
の間)を抜き出して,それを自動生成したHTML中に挿入するようです.

ということは,CollabNetとフォーマットを合わせる必要があるのですが,

"http://style.tigris.org/tigris_transitional.dtd">

ということで,XHTMLで記述すればよさそうです.

# 若干,原文に変なタグが残っている気がするので,暇なときにチェックし
# て除いておきます.

あと,変なHTMLエディタを使うと,タグを独自の形式で使用したりするので,
普通のエディタで記述することにしましょう.

・CVSの文字符号化

今のところ,UTF-8が無難ではないか…という話が出ています.java.netは,
CollabNetのシステムを使っていて,これが不完全ながらもローカライズされ
ているのですが,この出力もUTF-8のようです(もし,私の勘違いならご指摘く
ださい).

だから,UTF-8で書いておけば,うまく表示できるはず…と思っています.

この際の問題は,マシン間で,ファイルはUTF-8<->UTF-8でやりとりされるの
ですが,commitの際のメッセージが,たとえばUnixでは日本語EUCが,Windows
ではShift-JISが使用されるのではないか…ということです.

異なる文字コードがログ中に混在してしまうと,ログやメッセージが正しく表
示されない危険性があります.

一つの安易な解決策としては,commitの際のメッセージは,すべて英語で書く
という方法です.

他に,ひでやさんからは,WinCVSのプラグイン可能なマクロ機能を使って,コー
ド変換を書けるかもしれない…という指摘もありました.これは,ちょっとだ
け調べてみましたが,よくわかりませんでした.

・改行コード

これは,LFにしておけば,Unix上のツールはそのままLF,WinCVSでは,
LF<->CR+LF変換をしてくれるのではないかと予想していますが,Windowsのエ
キスパートの方の意見はどうでしょうか?

# 最初のCR+LF提案を変更しました > ひでやさん

・cvs@lg3d.dev.java.netで,CVSのコミットされた概要と差分をメールしてくれます.

ただ,このメールを見てみると,Content-Type:が設定されていません.さて,
UTF-8のファイルがコミットされた時に,どのようなメールが送られて,それ
を私達が正しく見ることができるか…というのは,ちょっとトラブルの種にな
りそうです.

メーリングリストシステム改変で,個々のメーリングリストごとに決めうちは
できそうですが,CVSメールは決め打てないかも…それなら,言語ごとにプロ
ジェクトを分けることになるのか?…など,いろいろ問題が出てきそうです.
ぜひご意見ください.

ところで,interest_jaの方の話題ですが,

From: Yuichi SAKURABA
Subject: [LG3D-一般] Re: [LG3D-一般]NSUGシンポジウム,Open Source Conference 2004に参加します
Date: Mon, 16 Aug 2004 12:05:28 +0900
Message-ID: <20040816113423.8B32.YUUICHI.SAKURABA@jp.yokogawa.com>
> javadesktop.org の Discussion Forum から投稿したものも ML に
> フォワードされるのですが、UTF-8 になってしまっています。
> もしかすると文字化けしてしまうメーラーもあるかもしれません。
> ご注意ください。

個人的には,私はUTF-8メールが来るのは,もうUS-ASCIIメールが来るのと同
じくらいに考えるようにすべき時期が来たかも…という気もしてきて,先週の
頭はUTF-8メールが読めるように,メール環境を作り直しました.

というのは,近年JIS X 0213などの新しい漢字集合標準で,使える文字が増え
てきているのですが,JIS X 0213:2000はISO-2022-JP-3,JIS X 0213:2004は
ISO-2022-JP-2003…のように,改訂されるたびにコンバータを追加するのが馬
鹿らしくなってきたからで,しかもこれらのcharset名の正式な登録はおこな
えないので,x-ISO-2022-JP-3-2004としてこっそり使うか,違法実装するしか
ないわけです.

それならUTF-8 awareなメール環境になる方が前向きかな…という感じがして
います.

・対訳表示

この辺は,櫻庭さんが詳しそうですが,現状のCollabNetのシステムで,うま
くやれそうですかね?

将来的には,XSLTプロセッサでXMLから変換する機能をサポートしてもらうと
いうのも考えていますが,これは将来的な課題ということで….

・HEAD部分の活用

現在は,HEAD部分の情報は,何も見ていないように推測しています.だから,
ここにcharset(正しく言えばContent-Type)を指定しているファイルもありま
すが,無駄足ではないかと….

# この辺の詳しいマニュアルって,どこかにありますかね?

ただ,逆に,ここが削除されてしまうことがはっきりしているのなら,こちら
の好きなように使うという手もありそうです.

たとえば,ここにスタイルシートを指定して,ローカルファイルシステム上の
デバッグでも,それらしいフォーマットで表示できるようにするとか….

あと,翻訳者名とか,ファイルに残したいけど,出力には入れないような,勝
手なメタ情報を埋め込むのもありかもしれません(笑).

風間 一洋 (kazama@ingrid.org) NTT Network Innovation Laboratories

---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: translation_ja-unsubscribe@lg3d.dev.java.net
For additional commands, e-mail: translation_ja-help@lg3d.dev.java.net

hideya
Offline
Joined: 2003-07-22
Points: 0

手際の良い且つ非常に有用な議論のまとめ,どうもありがとうございます.> 風間さん.

最初ですので,動きが身軽なうちに,色々実験してみてください.今であれば,多くの人の迷惑にはならないハズです.風間さん他,JCAを送っていただいた方は,lg3d-core/www以下のファイルに対する変更のプットバックは既にできるはずです.

> 一つの安易な解決策としては,commitの際のメッセージは,すべて英語で書く
> という方法です.

これは,是非ともその方向でお願いいたします.commitメッセージはlg3d-coreのCVSノティフィケーションをサブスクライブしている人すべてに送信されます(つまり日本語を読めない人にも).

翻訳をしていただいている方は,英語使いなハズだから... ということで,是非ともcommitの際のメッセージは英語でお願いいたします(将来的に『日本語だけのコンテント』とか出てきて,英語使いでない人もそのアップデートに携わってもらいたい場合には問題になりますが,そのときはそのときで考えましょう;).どうぞよろしくお願い致します.

ひでや

Kazuhiro Kazama

From: translation_ja@javadesktop.org
Subject: Re: [LG3D-翻訳]翻訳作業関連の課題
Date: Tue, 17 Aug 2004 04:02:27 EDT
Message-ID: <32845085.1092729747840.JavaMail.root@ensim.rackshack.net>
> > 一つの安易な解決策としては,commitの際のメッセージは,すべて英語で書く
> > という方法です.
>
> これは,是非ともその方向でお願いいたします.commitメッセージは
> lg3d-coreのCVSノティフィケーションをサブスクライブしている人すべてに
> 送信されます(つまり日本語を読めない人にも).

了解です.

ただ,本文の差分の方は,生でUTF-8が流れてしまうと予想されるので,
interest MLで,最初のcommitの前にアナウンスしておき,フィードバックを
得た方がよいかもしれませんね.

風間 一洋 (kazama@ingrid.org) NTT Network Innovation Laboratories

---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: translation_ja-unsubscribe@lg3d.dev.java.net
For additional commands, e-mail: translation_ja-help@lg3d.dev.java.net